モルヒネ

モルヒネ

モルヒネは医療用麻薬として有名ですよね

もともとこのモルヒネはケシという草花から製造される麻薬であるアヘンに含まれてる成分になっています

麻薬として指定されているのは、心身ともに依存度が高くなってしまうためなんです

医療用麻薬として末期がんの患者さんの痛み止めとして処方されます

モルヒネは強い鎮痛薬として経口薬として用いられることが多く、がん疼痛緩和に対してとても効果的に働きます

それによって痛みによって眠ることが出来ないといったことや、食事を取ることが出来ないという症状を改善させることが出来るため、実は延命治療の一種としても利用されています

モルヒネに含まれている成分はオピオイドという化合物で、このオピオイドが脳や脊髄などに到達し、痛みが伝わるのを妨げたり、痛みを和らげる神経を活性化させてくれます

現在このモルヒネと同じような効果をもつ薬が増えてきています

モルヒネよりも副作用が少ないオキシコドンや、貼り薬のフェンタニルなど、日本ではモルヒネを末期がん患者への痛みどめとして処方することは少なくなっています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ