中央ビジネスサービスに名簿として売られた個人情報を消してもらう 迷惑営業電話

中央ビジネスサービス

東京や大阪の市街局番から大体1週間に一度のペースで

「投資用のマンション1部屋を購入しませんか?」
「FXの自動システムはいかがでしょうか?」

など、個人用携帯電話に投資関連の営業電話が掛かってきました

相手が、今何をしているのかを全く考慮せず、信頼関係も全く築かれていない状況で、いきなりの営業電話

ただただ迷惑!!

そして、一度、勧誘電話が掛かってきた電話で相手と個人情報について話をしました

 

私「この電話番号をどこで知りましたか?」

営業電話「この電話番号は、買った名簿情報を元に電話しています」

私「どちらの名簿販売会社ですか?」

営業電話「中央ビジネスサービスです」

 

と、私の個人情報の購入先を教えてもらえました

中央ビジネスサービス
http://bsc-8.com/gaiyou.html

ホームページに掲載されている電話番号

03-3379-9128

に電話を掛け、私の個人情報の削除を依頼しました

電話対応は女性の方が普通に対応してました

「投資関連の営業電話が沢山掛かってきて迷惑なので、削除をお願いします」

とお願いすると

「すみませんでした」

と謝罪があり、私の個人情報は削除してもらえました

ついでに

売られた私の情報は

・氏名
・住所
・電話番号

「私の個人情報をどの業者がそちらに売ったのか?」

と尋ねたところ、おそらく

廃業したネットショップ・会社

だろうとのことでした

ほとんどこのパターンで名簿を入手していると言われましたが、本当は誰が情報を売ったか知っているが

名簿販売者を守るために嘘をついている

可能性があると思います

ネットショップを廃業する際に、在庫や備品を全て処分して、最後に顧客情報もお金にするパターンが多いのでしょうか?

今まで投資や副業関連の情報商材を購入したり、資料請求をした事は何度かありますので、これらのどこかの会社から個人情報が漏れた(売られた)可能性が高いと思っています

そういえば、以前、実際にオークション関係の情報商材を購入した会社(現在も情報商材などを販売し、フェイスブック広告でも頻繁に商品が表示される)から

「辞めた社員が顧客情報を持ち出して個人情報が流出した」

とのお詫びのハガキが送られてきた事があります

「お詫びとして次回購入時に割引します」

と書かれていましたが

「二度と買わないので次は永遠にない!!」

と思いました

名簿販売は昔からある商売ですが、個人情報を売る方も買う方も、現在の個人情報保護法に抵触しないのでしょうか?

法律について詳しい事は知りませんが、実際問題として個人情報の売買は行われているのが現状でしょう

ただ、ベネッセの個人情報流出事件のように、信頼性の高い会社の関係者が、会社の個人情報を名簿業者に売る事もありますので、やはり無闇に個人情報の入力はしない方がいいですね

個人情報を売る方は問題ですが、買う方も問題がある

法律で売買自体を禁止すればこのような事はなくなると思うので、個人情報の売買を禁止する法律ができてほしいです

そもそも、個人情報を売買されて嬉しい人はほとんどいないだろう

そして、個人情報を基に営業電話がかかってくる事を快く思う人もほとんどいないだろう

そう考えると、この名簿販売会社は決して社会を豊にする存在ではないと断言できる

 

追記

2016年12月現在、以前より電話の回数は減りましたが度々電話が掛かってきます

個人情報が転売されているのでしょうか?

一度流出すると歯止めが掛からなくなると思っておいた方がいいですね

最近、健康とダイエットのために、もろみ酢サプリメントを購入しました

しまのや琉球もろみ酢 お試し

この業者はしつこい勧誘電話やメールはありませんが、個人情報は相手側に知られている状態です

必要なら個人情報を提供する必要はありますが、むやみにアンケートなどに応えて、個人情報が洩れると、自分が感知しないところで情報が拡散する可能性があるので注意が必要です

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ