甲子園だけが高校野球ではない 岩崎夏海

甲子園だけが高校野球ではない 岩崎夏海

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

で有名になった岩崎夏海氏が監修

読んだ感想を率直に申し上げると

「薄っぺらい」

の一言

「あれ?どこかで聞いたような話だな?」

という話と、その最後に岩崎夏海氏のコメント1ページがペロンと書かれている

おそらく全て実話だろうが、高校野球ファンでネットニュースや野球雑誌などで日々高校野球情報の触れているなら、一度は目にした話ばかり

高校野球は強豪校・有力校の取材以外にも、

マネージャー
補欠
怪我
仲間

などメディアが意識して表層に持ってこないと表出しない、誰にでも感動を与えるであろう美談は常に溢れている

特に最近はプロ野球でも戦力外や裏方にスポットライトが当たったテレビ番組があるように、野球の勝ち負け以外の部分での感動話が目白押しである

それと、話の一つにあった、父親が日本人、母親がフィリピン人、ドラフトでプロ野球に行ったのは

中日ドラゴンズ・2009年ドラフト2位

小川龍也(千葉英和高)

でしょうね

女優・杏さんも大絶賛!だそうですけど、この本から感じるのは、良いコンテンツを提供しようという意思ではなく、ただただビジネスとして出版したという意図です

普段本を読まない中学・高校生の本を読むキッカケにはなると思いますが、大の大人がわざわざ買って読むほどの本ではないです

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ